TARGET frontier JV 三種の神器(その2)

三種の神器(その2)は「TARGET frontier JV」です。

TARGET frontier JVは、競馬情報データベースのフリーソフトです。

中央競馬会(JRA)が運営する競馬データサービス、JRA-VANとデータ連動できる無料ソフトで、JRA-VAN DATAlab.のデータを取り込んで、自分のPCに競馬情報データベースを構築できるような感覚です。

また、IPATと連動していてボタン一つで、WIN5も含めた馬券購入もできます。管理人は、ほぼ100%、TARGET frontier JVのIPAT投票機能で馬券を購入しています。

TARGET frontier JVでは、馬券検討するためのデータ(レース情報/馬柱/過去着順/対戦成績/走破タイム)など、数えきれない程のデータ分析ができます。

当初は競馬専門紙の馬柱の中から走破時計や上がりタイムなどを目で見て調べ、ペンで紙に書いて比べたりしていましたが、今考えるとナンセンスです(苦笑)

TARGET frontier JVでは、ボタン一つで走破時計や上がりタイムなども一覧で比べられるので、簡単です。

競馬仲間にも、この競馬ソフトを薦めましたが、真面目に感謝されています。

管理人は、このソフトを知ってから、競馬新聞を買わなくなりました(笑)

今となっては、欠かせない神器のひとつです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。